肝臓 体験談

MENU

交通事故を起こすと肝臓が弱くなる?・・Nさんの体験談

私は女ですが男性にも負けないくらいの酒豪でした。ビールは一晩に多い時では12本、ワインを2本など、飲み会に行っても朝まで飲み続けるような感じで、友人からは「鉄の肝臓の持ち主だ」なんて冗談で言われるほどだったのです。

 

ですが、ある日を境にお酒に極端に弱くなりました。はじめはどこか病気なのかと心配しましたが、特に症状もなく、お酒だけが弱くなったのです。他に特別な症状もなかったので、病院に行く必要もなかったのですが、明らかにお酒の量が変わったので、いろいろ原因が気になって考えました。

 

よく考えた結果、心当たりといえば数年前に事故に遭ったことです。とても大きな交通事故に遭い、ICUに運ばれ輸血されたのです。考えてみれば、その事故による入院以降、お酒が弱くなった気がします。医師の友人にその話をしてみたところ、輸血をすると稀にですが、肝炎を起こすことがあったり、肝臓が弱くなったりすることがあるそうです。肝炎を起こす原因と肝臓が弱くなる原因は違うらしいのですが、身体から大量に出血すると、肝臓が弱くなるらしいのです。

 

念のため病院にも行き血液検査を受けてみて、肝臓に異常はなく検査結果も正常だったのですが、私の肝臓は事故以降弱くなったようです。

 

肝臓が弱くなったことがわかる出来事のひとつに、蕁麻疹が起こりやすくなったということもあります。肝臓が弱いと、身体に疲れなどがたまって、弱っている時に蕁麻疹が出たりすることがあるそうです。実際、私も身体が疲れやすくなったり、酷い疲労感に襲われたり、風邪を引いたりして、身体が弱ると蕁麻疹が定期的に出るようになりました。肝臓は、身体の毒素を分解する大切な臓器。この他にも肝機能が低下すると、肩こりを起こしたり、皮膚に発疹が出たり、さまざまな症状を引き起こすそうです。

 

最近は、肝臓をいたわり保護するために、ウコンドリンクを飲んだり、お酒も控えるように心がけています。酒は百薬の長といいますが、大切な肝臓を弱らせてしまうと、大病にもつながります。蕁麻疹も首や顔にでると、呼吸困難を引き起こし、重篤な事態をまねくこともあるそうです。肝臓のケアは大事だと身を持って実感しています。

 

肝臓に良いサプリメントランキング