肝臓をカイロで温める

MENU

肝臓をカイロで温めて寝起きスッキリ

使い捨てカイロ

身体の中でも大きな臓器である肝臓は、生命を維持するのにとても重要な働きをしてくれています。特にアルコールや化学薬品などの解毒作用や糖質や脂質の代謝にも関わっています。

 

肝臓に負担がかかるような食生活や生活習慣ですと、身体への疲労やストレスなどを感じて気だるさを感じている方も多いかと思います。

 

夜寝ているつもりなのに、朝起きてもなかなか目覚めがすっきりしないなど感じている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

肝臓は大きな臓器ですし、代謝機能も果たしていますので血液が多く集まってきます。そこで、代謝を上げて血流を良くすることを目的に肝臓を温めることをおすすめします。

 

やり方は、肝臓のある右胸の下あたりに寝る前にカイロを貼るだけです。直接肌に貼ってしまうとかぶれたり、低温やけどの危険性もありますので下着やシャツの上から貼る方が良いでしょう。また、カイロをもう1つ使って、背中側からも温めるとさらに効果的。

 

肝臓を温めることで、血液が温まり代謝が良くなりますので、肝臓の働きが活発になるだけでなくダイエットにも効果があります。肝臓の働きが活発になるということは、先に書いたような機能が高まるということです。

 

つまり、解毒作用が高まり、糖質や脂質の代謝が高まるということです。代謝が高まるということはダイエットにもつながる大切なポイントですし、体の中の不必要な物質の解毒作用も高まりますので、体の疲労も取れやすくなります。

 

実際、私も肝臓のあたりに市販されている貼るタイプのカイロを貼って寝てみました。冬場ということもあり、暖かくて気持ちよく眠気が誘われ、気がつくと眠ってしまっていました。

 

朝起きると、確かに普段よりも目覚めが良く、体が軽くなったような気分になりましたので、それ以来、カイロを貼って寝る事が習慣になり、以前と比べると体に疲れが溜まりにくくなっていると感じています。また、1ヶ月続けていると2キロほど体重も落ちてきました。もともと太り気味でしたので効果も出やすかったのかもしれませんが。。

 

ぜひ、肝臓を温めて寝てみてください。きっと良い効果を感じられると思いますよ。

 

肝臓に良いサプリメントランキング