肝臓 喫煙

MENU

喫煙者のみなさま!あなたの肝臓は大丈夫?

 

喫煙する男性

身体の有害物質の分解やエネルギー源の貯蔵、消化酵素の生成と分泌など、肝臓にはわたしたちが生命維持をしていくうえで欠かせない重要な機能がたくさんあります。

 

そんな肝臓ですが、よくアルコールの飲みすぎは肝臓に悪いといった知識は広く知れ渡っているようですね。でも、肝臓を痛めつけるのはアルコールだけではありません。喫煙者のみなさまには耳の痛い話ではあると思いますが、肝臓にとっても「タバコ」は非常に恐ろしい脅威の存在です。

 

タバコに含まれるニコチンやタール、ベンツピレン、
ニトロソアミン、シアン化水素、一酸化炭素、窒素化合物といった
有害物質はそのすべてが肝臓で分解されることがわかっています。

 

普通に生命維持するだけでも体内にある有害物質を処理するので忙しい肝臓に、
さらにこれらの大量の有害物質の分解を押し付けてしまうことになります。

 

たとえばニコチンは、血管を収縮させる作用があり、血流が低下します。
常習的な喫煙は血液中にニコチンが含まれる状態も習慣化されてしまい、
ニコチン濃度の低下がタバコを吸いたいという欲求が出てきてしまいます。

 

そしてまた吸ってしまうと、また肝臓には解毒作用が強いられ
フル稼働させられる状態が続いてしまうのです。

 

さらに、タールには強い発がん性物質が含まれます。
そのほか、タールには有害物質の分解を阻害する作用があるということです。

 

アルコールを摂取すると肝臓での分解の過程で
「アセトアルデヒド」という有害物質が生成されます。
ここからさらに、酢酸と二酸化炭素といった無害である物質に
分解されて体外に排出されるようになっています。

 

しかしタールは、アセトアルデヒドから無害な物質への分解を妨げてしまうのです。
この有害なアセトアルデヒドが体内に長時間とどまることで、
二日酔いが長引いたり、肝臓へのダメージを広げてしまうことになります。

 

タバコは百害あって一利なし、とはよく言われますが、
肝臓をはじめ人間のさまざまな臓器に多大な影響を及ぼすものです。
自覚症状が少なくても、症状は確実に進行しています。
禁煙の努力を試みることや、定期的な健康診断は欠かさないようにしましょう。

 

肝臓に良いサプリメントランキング