肝臓病には逆効果の食べ物

肝臓によい食べ物が肝臓病には逆効果?

肝臓によい食べ物が肝臓病には逆効果?

肝臓病の人の食べ物について説明する看護師

肝臓に良いと言われている食べ物は、実は肝臓病を発症してしまっている人には逆効果と言われているのはご存知ですか?

 

肝臓に良いというのは、あくまでも健康な人が食べた場合の話で、肝臓病になってしまっている人は、また別に考えなくてはいけないのです。

 

肝臓によいと言われている食材だと、代表的なものでは「しじみ」「ウコン」「レバー」といったものがあげられます。しかし、これらはすべて肝臓病の人には逆効果と言われているのです。

 

その理由は鉄分です。
肝臓病になっている人は鉄分を制限しなくてはなりません。

 

近年になって、鉄分が多い食品を控えることによって、
肝臓病の患者の肝機能が回復したという報告がされているのです。
そのため、しじみやレバーといった食べ物は逆に控えなくてはならないのです。

 

肝臓病の人は肝機能が低下しているために、余分な鉄分まで貯蔵してしまいます。
余分な鉄分は体をサビさせる活性酸素を生み出してしまいます。
活性酸素は肝細胞などを攻撃して、
さらに肝機能を低下させるので悪循環になってしまうというわけです。

 

ずっとウコンが肝臓によいというのを信じて、ウコンを含むドリンクを飲み続けていた人が
なぜか肝機能がよくならないので、医師に相談したところ、
ウコンは逆効果と言われてやめてみたら、
どんどん肝機能が回復したという例も報告されています。

 

健康である人と、肝臓を患っている人では
「よい効果」というのが違ってくる場合もあるということです。
心配な場合はまず検査を受けて、
それからどんな食べ物を食べていけばいいかを判断しましょう。

肝機能が弱っている方へおすすめ