肝臓の病気

MENU

肝臓の病気にはどんなものがあるか

肝臓は沈黙の臓器であるために病気になっても、
大きな自覚症状が出ずに放置してしまうことがあります。

 

肝臓病は知らずに進行してしまう可能性がある、とても恐ろしい病気なのです。
では、実際に肝臓がどのような病気になるのかを紹介していきましょう。

肝炎

肝機能障害に陥ったあと、発症しやすい病気が肝炎です。
読んで字のごとく、肝炎は肝臓が炎症を起こしている状態です。

 

肝炎の場合はウイルス性であることもあります。
A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎、D型肝炎、E型肝炎とあり、
それぞれが違う特徴を持っています。

A型肝炎ウィルス

A型肝炎ウィルスを含んだ食べ物や飲水などからの感染が最も多いと言われています。

 

現状、国内ではほとんど感染することはありませんが、発展途上国で食べたものや飲んだものから感染するケースがあるため、発展途上国に旅行する際は気をつけましょう。また、輸入食品から感染する可能性もあります。

 

ただ、A型肝炎ウィルスは専用のワクチンが存在しています。感染を防ぐためにも、発展途上国への旅行をする前に接種を受けておくと良いでしょう。

B型肝炎ウィルス

血液や体液を通して感染するため、注射器や性交渉による感染の他、母親から胎児へ感染してしまうケースも存在します。

 

ただし、近年では医療行為などで感染してしまうことがないように改善策等が取られているため、感染するケースは減ってきていると言われています。こちらもワクチン接種で防ぐことができるので、ワクチンをしておくと良いでしょう。

C型肝炎ウィルス

血液から感染するもので、一昔前は輸血等から感染してしまうことが問題でした。現在では輸血で使われる血液に対して入念なウィルス検査などが行われるようになったため、輸血で感染するケースは少なくなったと言われています。

 

反面、近年では刺青に使う針を使い回したり、ピアスの処置が不衛生であったりすることで感染することが多いようです。

D型肝炎ウィルス

血液を通して感染するウィルスですが、こちらはB型肝炎に感染している人だけ感染するという少し特殊な肝炎ウィルスです。B型肝炎ウィルスに加えてD型肝炎ウィルスを発症することによって、症状がより重くなってしまいます。

E型肝炎ウィルス

豚やシカ、イノシシなどのレバーを食べたり、加熱が十分にされていない肉を食べることで感染してしまうウィルス性肝炎です。感染しても、基本的には慢性化することはありません。ただし、妊婦の方が感染してしまうと重くなってしまう可能性が高いため、注意が必要です。

脂肪肝

脂肪肝は国民病とも言われているものです。その割合は3人に1人と言われています。
脂肪肝はほとんど自覚症状がなく、発見が難しいものになっています。
しかもこの状態を放置すると恐ろしい肝硬変や肝がんへと発展してしまいます。

 

主な発症原因は食生活です。
特にアルコールの摂取量が多い人はアルコール性脂肪肝になりやすくなります。

 

脂肪肝は脂肪分解機能を超えてしまった脂肪が、そのまま肝臓についてしまった状態です。
一過性のものではないので、早期発見と治療が一番有効です。

肝硬変

脂肪肝を放置し、さらに進行してしまった病気が肝硬変です。
肝硬変になった肝臓は小さく萎縮し、さらに硬く変化してしまいます。

 

発症すると様々な自覚症状が現れるようになります。
腹水や浮腫、発熱、女性の場合は月経異常などが該当します。

 

しかし、これらの自覚症状さえも見逃してしまうことがあるため、
この病気の発見のためには定期的な血液検査がもっとも有効です。

 

一昔前は肝硬変の死亡率は50%と言われていましたが、
医療の進歩により現在は20%にまで減少しています。

 

とにかく早く発見することが大切なので、
定期検診などを受けるようにすることが重要でしょう。

肝臓がん

肝臓に現れるガンは肝臓自体から発症する原発性肝がん、他の部位で起きたガンが肝臓に転移して起こる続発性肝がんの2つのパターンが存在します。そして、肝がんになってしまった人のおよそ9割が肝細胞ガン、残りの1割が胆管細胞がんとなっているようです。

肝細胞がん

他の部位で起こるガンとは違い、元々慢性の肝臓病があってそれが原因となって肝がんに発展してしまう…というケースが多いようです。特に慢性肝炎や肝硬変にかかっていた人が肝細胞がんになってしまうことが多いと言います。

 

肝細胞がんにかかると肝機能が低下するのは当然のこと、腹部が張っている感じや黄疸、腹水、腹痛などの症状が現れるようになります。また、肝ガンが破裂してしまうことも有り、そうなると腹腔が出血を起こし腹部の激痛や血圧の低下を招くこともあるようです。

胆管細胞がん

肝臓の中に存在している胆管。ここの細胞ががん化してしまうのが胆管細胞がんです。

 

基本的に自覚症状が少なく、早期発見することが難しいガンとしても知られています。進行してくると黄疸が起こる他、腫瘍が大きくなってくると腹部の張りや腹部にしこりを感じるようになるようです。早期発見するためにも、健康診断はきちんと受けておくことをおすすめします。

 

このような肝臓がんは、欧米人よりもアジア人やアフリカ人に多く、他の部位のがんに比べると発見が遅れる傾向にある分、治療が難しい部類のがんと言われているそうです。

肝不全

肝細胞の機能が下がり、機能の維持ができなくなってしまうと黄疸や腹水などの他に意識障害や腎不全、消化管出血といった様々な症状が出てくるようになります。このような状態を肝不全と呼びます。

 

肝細胞の壊死が急激に起こる急性肝不全、肝硬変や肝がんの末期症状となる慢性肝不全の2パターンに分けられるようです。

 

 

 

肝臓の病気は命に関わるものもあるのに、自覚症状がほとんどないという恐ろしいものです。早期に発見するためには、定期的な検査が必要です。

 

ぜひ肝臓の健康に気をつけたうえで検査を受けて、
重い病気になる前の早い段階でケアするようにしましょう。

 

肝臓に良いサプリメントランキング