肝機能障害 原因

肝機能障害の原因はどんなことが考えられるか

肝機能障害の原因はどんなことが考えられるか

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれています。これは肝機能に障害が起きたり、あるいは病気になっていたりしても、大きな自覚症状がないために気づきにくいということが理由として挙げられます。

 

ではこの肝機能障害は一体なぜ起きてしまうのでしょうか。
その原因についてご紹介しましょう。

お酒

肝機能障害の原因を説明する看護師

肝臓はエネルギー代謝を司る重要な臓器です。ほぼ24時間休みなく働いています。

 

そして、肝臓はお酒に含まれるアルコールを解毒するはたらきも持っていますから、お酒が体に入るとさらに動きが活発になります。
エネルギー代謝に加えて解毒もしなくてはなりませんから、肝臓には相当な負担がかかるというわけです。

 

肝臓はかなり強靭な臓器ではあるのですが、大きな負担を毎日かけてしまうと、さすがに耐え切れずに細胞が破壊されて、肝機能障害を起こしてしまうのです。

 

働きすぎてしまった人が倒れてしまうのと同じ原理です。
どんな強い人でも、あまりにも大きな負荷を、
休むことなくかけ続けられていれば、いつかは倒れてしまいます。

 

特にお酒が強い人は要注意ですよ。
酒が強いというのと肝臓が強いというのは別のことですからね。

 

ですので、お酒が好きという人は
週に1度は休肝日(肝臓を休ませる日)を設けてあげましょう。

 

⇒お酒の飲み過ぎが気になっている方におすすめ

食生活

脂っこいものや甘いものが好きという人も注意が必要です。
こうした食べ物も、代謝するために肝臓へ大きな負担をかけることになります。

 

これらが好きでよく食べるという人は、
肝機能障害の原因となりますので、食べる量を控えるようにしたり、
休肝日を設けて、こういった食事をしないようにするのもいいでしょう。

運動不足

毎日きちんと運動できていますか?
運動をしないというのも肝臓には負担をかけますので、
肝機能障害の原因となりえます。

 

運動不足になると本来運動によって消費されるはずの栄養が過剰な栄養となり、
それを排出するために肝臓が働くことになるからです。

 

また、運動不足になると汚れた血がたまりやすくなり、
その処理もしなくてはならないため、さらに肝臓に追い打ちをかけることになるのです。

薬剤

服用している薬剤によって中毒性やアレルギー性の肝機能障害を引き起こす原因になることも分かっています。抗生物質や抗癌剤、抗てんかん薬、降圧剤などの服用によって肝細胞が破壊されてしまうこともあると言われています。

 

服用の際は医師の指示にきちんと従い、過剰摂取などは十分気をつけるようにしていきましょう。

遺伝によって起こる場合も…?

自己免疫が自分自身を攻撃してしまうことがあるのですが、これが肝細胞を攻撃してしまうことで引き起こされるのが自己免疫性肝炎です。自分の免疫が自分の肝細胞を攻撃してしまっているので、慢性的な肝炎に悩まされることになります。

 

このような自己免疫による肝機能障害は、遺伝によって起こる可能性も高いので親族者に自己免疫による慢性肝炎にかかっている人がいたりする場合は注意が必要です。

 

その他、鉄分の代謝異常であるヘモクロマトーシス、銅の代謝異常であるウィルソン病なども遺伝してしまう病気なので、それが原因で肝機能障害を引き起こしてしまうことがあるようです。

ウィルスから肝機能障害が起こることも

ウィルスによって引き起こされるのは肝炎です。

A型肝炎

食べ物や飲料水にA型肝炎のウィルスが混入していた場合、その食べ物や飲料水を飲むことでA型肝炎になってしまいます。国内ではあまりありませんが、発展途上国に旅行した時にかかるケースが多いようです。旅行の際は気をつけましょう。

B型肝炎、C型肝炎

血液や体液などを通して感染する肝炎です。B型肝炎に感染すると肝硬変や肝臓がんになってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

 

 

 

これらを見てわかると思いますが、肝機能障害は生活習慣の乱れから起こるものもあれば、遺伝や薬剤、ウィルスなどによって引き起こされる場合もあります。

 

近年は生活習慣が乱れてしまいがちな人も多く、生活習慣が原因で肝機能障害を起こしてしまう…というのが最も多いケースといえるでしょう。生活習慣の乱れによるものであれば、日頃から気をつけたり、見直せるところは見直していくことで未然に肝機能障害の原因を取り除くことが出来ます。

 

まずはバランスの良い食事、適度な運動などを心がけ、それにプラスして肝臓に良い食材を食べるようにすること。ぜひ意識してトライしてみましょう。

肝機能が弱っている方へおすすめ