肝臓と糖尿病の関係

MENU

肝臓と糖尿病の関係について

肝臓といってすぐに思い浮かぶのは、疲れやアルコールなどの単語でしょう。
しかし、実は糖尿病とも深い関わり合いがあることが近年わかってきています。
ここでは肝臓と糖尿病の関係について、お話していくことにしましょう。

肝臓は体内の血糖値もコントロールしてくれている

私たちが暴飲暴食をした場合、血糖値が上昇します。
すると、体内で分泌されたインスリンによって上昇した血糖値はどんどん下げられていきます。

 

この時、血糖値が下がるのは、肝臓が過剰となってしまっている
糖分を取り込んでくれているからなのです。
血液中の糖が肝臓に吸収され、その結果血糖値が下がっていく…と、こういうわけですね。

肝臓が取り込んだ糖はどうなるのか?

しかし、その結果肝臓に取り込まれた糖は当然、肝臓に蓄積されてしまいます。
これが脂肪となって肝臓についてしまうのです。

 

これを放置しておくと、脂肪肝になってしまうことになります。
脂肪肝は肝機能を低下させる生活習慣病のひとつ。
放置しておくと肝硬変や肝炎などに繋がってしまう恐ろしい状態です。

脂肪肝が糖尿病になりやすい体を作ってしまう

上記のような流れで脂肪肝になってしまうと肝臓は、
今度は血液中に蓄えた脂肪を使ってブドウ糖を放出させようとしてしまいます。
その結果、血糖値が上昇することになります。

 

つまり、肝臓がいっぱいいっぱいで糖を取り込めず、
放出するしか出来ない状態になってしまうわけです。

 

こうなると当然、新たに摂取した食べ物から出た糖も、
取り込むことができなくなるので、どんどん血糖値は上がってしまいます。

 

このような悪循環の末、生活習慣病のひとつとして、
近年社会問題にもなっている糖尿病に繋がってしまうのです。

 

 

 

上記のとおり、肝臓は糖尿病とも深い関係があることが分かっています。
つまり、糖尿病を予防するヒントこそ肝臓にあるというわけなのです。
特に暴飲暴食をしてしまうことが多かったり、アルコールの摂取量が多いという人は要注意です。

 

自分の生活習慣を見直し、改善できるところから改善していけるように取り組んでいくことで、
脂肪肝や糖尿病を未然に防いでいくことが出来るでしょう。

 

肝臓に良いサプリメントランキング